4月29日 ファイヤーサイド長野本社で開催
“アンコール”30周年イベント


体験することで焔の魅力を再発見

アメリカの薪ストーブブランド、バーモントキャスティングスの定番モデル “アンコール”は今年で30周年。そこで、バーモントキャスティングスの日本総代理店、ファイヤーサイドでは日頃の感謝の気持ちを込め、ゴールデンウィーク初日の4月29日(金)、長野県駒ヶ根市の本社においてイベントを開催する。

薪割り体験や、地元レストランシェフとポール社長による薪ストーブクッキング、薪アートウォール、ストーブ横で使えるコースター&トリベット作りなど、体験型のさまざまな内容を盛り込んだ本イベントは、「薪火の暮らし再発見」と題し、日本人が昔から親しんできた薪火を使った生活の素晴らしさや楽しさ、薪ストーブのある生活を体験し、焔の魅力を再発見できるイベントとなっている。

●バーモントキャスティングス・アンコールを日本中に広めたファイヤーサイドの代表、ポール・キャスナーさん

●バーモントキャスティングス・アンコールを日本中に広めたファイヤーサイドの社長、ポール・キャスナーさん

また、当日はコーヒー、カレー、ピザ、アイスなどの飲食ブースが出展されるほか、自然農法による新鮮な地元野菜も販売。また、通常品のほか、記念アイテムや当日限りのオススメ品を手に入れる絶好のチャンス。

小さな子供から大人まで、友だち同士や家族連れ、またひとりでも一日中楽しめる内容が用意されている。

■問い合わせ
ファイヤーサイド(株)
TEL.0120-46-7877
FAX.0265-82-4683