アメリカ

ダッチウエスト

1974年にB.マッキニーらによって米国バーモント州で創設された。キャタリティック(触媒)を使った三次燃焼方式のほか、サイドドア、バイパスダンパーなど、世界で初めて採用した技術や装備は多数。高性能の薪ストーブメーカーとして高い支持を得ている。

【問い合わせ先】 ダッチウエストジャパン(株)
TEL: 0120-700-027 FAX: 0155-26-0506 HP: http://www.dutchwest.co.jp/

ENLIGHT
- エンライト -

デザインはフェデラルコンベクションヒーターを現代風にアレンジした趣。揺らぐ炎を堪能できる広いガラス面積と、クッキングも可能なトップ(天板)、薪の…

続きを読む>>

SENECA/SEQUOIA
- セネカ/セコイア -

やや小型のセネカと大きいセコイア、どちらも広いガラス窓を持つ直線基調のモダンなフォルムを持ち、落ち着いた和室にもカジュアルな洋室にも似合う雰囲気…

続きを読む>>

ELITE
- エリート -

広いガラス窓と天板上のエアガイドが特徴(エアガイドを外せば天板で調理ができる)。ドア、エアガイド、脚部などが鋳物製で、本体は鋼板製だ。鋼板は熱伝…

続きを読む>>

ENTRY
- エントリー -

コンパクトな鋼板製ストーブ。脚で据えるエントリーと、台座を持つエントリーペデスタルをラインアップする。エントリーは背面と床面に、エントリーペデス…

続きを読む>>

RANDOLPH FA210
- ランドルフFA210 -

アメリカ製薪ストーブの聖地・バーモント州。ダッチウエストも同州のランドルフで誕生したが、その由緒ある名を冠したのがこのモデル。 本体の両サイドに…

続きを読む>>

BETHEL FA208
- ベセルFA208 -

本体の幅が375mmとコンパクトなので、書斎などのパーソナルな空間によく似合う端正なデザインとなっている。 小型でありながら二次燃焼室とバイパス…

続きを読む>>