デンマーク

モルソー

1853年、デンマーク・モルス島でN.A.クリステンセンが創業。鋳鉄業界をリードする企業となり、1969年にはデンマーク王室御用達となる。洗練されたデザインと160年にわたる歴史に裏打ちされた技術、それに高い環境保護意識などで業界をリードし続けている。

【問い合わせ先】 (株)新宮商行
TEL: 047-361-3800 FAX: 047-362-0157 HP: http://www.morso.jp

GRILL FORNO
- グリルフォーノ -

UFOやタジン鍋を連想させるユニークなデザインを手掛けたのは、デンマークの工業デザイナーとして名高いクラウス・ラス氏。氏は「一瞬で一目惚れされ、…

続きを読む>>

3610CB

デザインからもうかがえるように、アメリカ市場を意識して開発されたモデルで、堂々としたサイズと存在感を持つ。アメリカンテイストとともに、すっきりと…

続きを読む>>

1620CB

ドアを片持ち式とすることで広いガラス面積を確保しており、思う存分、美しい炎の舞いを楽しむことができる。無駄のない洗練されたスタイルは、クラシック…

続きを読む>>

7110CB

天板やボトムプレートのデザイン処理に垣間みれるアメリカンテイストと、スクエアですっきりとしたガラス窓や端正なフォルムが生むスカンジナビアン・ザイ…

続きを読む>>

1126CB

初代型はオイルショックの教訓を生かして1980年に登場。もっとも経済的であるとして支持を集め、以来、高い人気を誇る。設計者建築家の名から「フィス…

続きを読む>>

2140CB

プレート型の脚と本体側面のリスのレリーフからうかがえるように、英国のデザイン会社「クイーンズべリー・ハント・レービェン」が1992年に手がけた製…

続きを読む>>

3440CB

英国のクイーンズベリー・ハント・レービェン社が設計した。片開きドアと大きなガラス窓がシンプルなフォルムによく似合う。本体は鋳鉄製で、プレート状の…

続きを読む>>

3142CB

3440CBを小ぶりにした対流熱式モデル。やはり英国クイーズベリー・ハント・レービェン社のデザインで、プレート型の脚や側面にあしらわれたリスとオ…

続きを読む>>

1442CB

本体の幅わずか43.5cmのパーソナル感覚あふれる対流熱式モデル。側面のリスのレリーフが愛嬌のあるスタイルをいっそう強調している。 サイズは小さ…

続きを読む>>

6643CB

楕円断面を持つ美しいデザインが特徴。デンマーク人デザイナーのクラウス・ラトゥ氏による造形で、観音開きの大きく回り込んだガラスドアを通して左右18…

続きを読む>>

5443CB

スマートフォンかと見まがうようなモダンなルックスが特徴。正面から見るとカドの取れた長方形の外板で囲まれたその中に前面に黒いガラス窓を備えた本体が…

続きを読む>>

7948CB

7644CBとほぼ同寸だが、本体は円柱の背面をカットした壁面になじみやすい形状だ。また、ガラス面は中央のドア部分と左右の側面の三面に渡っていて、…

続きを読む>>

7644CB

円柱形のボディと短い3本脚の取り合わせがユニークで親しみを感じさせる。燃焼室の窓面積はモルソー史上最大。下部は薪を保管する引き出しだ。本体の側面…

続きを読む>>

S50-40CB

モルソーはよりデザイン性の高いストーブを提案すべく、近年はスチール製のモデルもラインアップに加えている。Sレンジがそれだ。日本には中型サイズのS…

続きを読む>>